Latest News

新CDが発売されます

2019年7月3日、ルース・スレンチェンスカの新しいCDが発売されます。

未だに立ち会った聴衆が熱く語る、ルース・スレンチエンスカ80歳ラスト・コンサートの第一日の3大ピアノ協奏曲コンサートの完璧な記録が15年の歳月を経て世に出る事となりました。

一音ずつの圧倒的な表現によって、ショパンとチャイコフスキーのピアノ協奏曲の本当の姿が初めて浮かび上がる歴史的な名演をぜひお聴きください。

先行予約受付中です。ご予約はこちらから。

ルース本を語り尽くす会開催のお知らせ

平凡社からルース・スレンチェンスカの本「のこす言葉 ルース・スレンチェンスカ」が発売されたことを記念して、下記の通り、「ルース本を語り尽くす会」を開催することになりました。

・日時: 2019年6月29日(土) 17時開始
・場所: 劉生容記念館 岡山県岡山市中区湊836-3
・会費: 3,000円/人

当日は、最大のルース理解者である音楽評論家山角浩之氏、JAXAの長谷川洋一氏も東京から駆け付けてくれることになりました。平凡社の社長下中美都氏と同本の著者の大野陽子氏とともに熱いルース話で盛り上がることと思われます。

ご都合がつく方はぜひお越しください。

山陽新聞にルース・スレンチェンスカの本の書評が掲載されました

2019年6月8日の「山陽新聞」に、平凡社から発売されたルース・スレンチェンスカの本「のこす言葉 ルース・スレンチェンスカ」の書評が掲載されました。評者の平井美佳氏は10数年ルース先生を見続けてこられた方です。

週刊新潮にルース・スレンチェンスカの本の書評が掲載されました

「週刊新潮 2019年6月6日号」に、平凡社から発売されたルース・スレンチェンスカの本「のこす言葉 ルース・スレンチェンスカ」の書評が掲載されました。評者は作家の大竹昭子氏です。

産経新聞にルース・スレンチェンスカの本の書評が掲載されました

2019年6月2日の「産経新聞」に、平凡社から発売されたルース・スレンチェンスカの本「のこす言葉 ルース・スレンチェンスカ」の書評が掲載されました。評者は知名なピアニストで文筆家の青柳いづみこ氏です。

「月刊ピアノ」にてクララ・シューマンコンサートの記事が掲載されました

「月刊ピアノ」2019年6月号にて、クララ・シューマン生誕200年バースデーコンサートに関連する記事が掲載されました。

ルース先生の本出版にあたり

新緑の眼にまぶしい季節となりました。
皆様、その後もお元気でお過ごしのことと存じます。

昨年のルース先生のサントリーホール・コンサートから一年。
この5月に、平凡社からルース先生の本が出版されることになりました。

きっかけは平凡社の社長、下中美都氏が(ルース・ファンで、ご自身も玄人はだしのピアノ弾き)昨年のサントリー・ホールコンサートの後、平凡社の「のこす言葉」の本のシリーズの中で、ぜひルース先生も取り上げたいという鶴の一声で企画が進む事となり、これまた筋金入りのルース・ファンの文筆家、大野陽子氏が一年かけて、台湾、サンフランシスとへの10日間に渡るルース先生へのロング・インタビューまでして、書き上げた超力作です。

この大ピアニストの生涯や藝術家としての心得、人生の教訓、などをルース先生ご自身の言葉で綴った珠玉の本となりました。(78歳から93歳の16年間の日本での出来事はいくいく私がまとめなくてはなりませんが)

中で登場する歴史的な演奏家との数々のエピソードは、何年の何月まで記憶
しているルース先生ご自身の言葉による正確な記録であり、貴重な写真と相まって、この本はこれから大事な文化遺産となっていくことと思います。

ぜひ書店、アマゾン、などでご注文いただければうれしいです。
(これぞ、という方へのプレゼント用にも、喜ばれること間違いなしです。)

それでは、どうぞますますご健勝のほどお祈り申し上げます。

三船文彰

クララ・シューマン生誕200年バースデーコンサートのお知らせ

クララ・シューマン生誕200年バースデー・コンサートのリーフレットが完成いたしましたのでお知らせいたします。

コンサート概要

テーマ クララ・シューマン生誕200年バースデー・コンサート
クララ・シューマンのピアノとヨアヒムのバイオリン 時空を超えた出会い
日時 2019年9月13日(金)
19:00 開演 (18:30 開場)
場所 紀尾井ホール
東京都千代田区紀尾井町6番5号
出演者 久保陽子(ヴァイオリン)、下中美都(ピアノ)、三輪美恵(ピアノ)、
クララ・ワング(ピアノ)、三船文子(ピアノ)、平石那月(ピアノ)、
三船文彰(チェロ)
演奏曲目 シューマン:「謝肉祭」、「クライスレリアーナ」「幻想曲」より
ブラームス:「F.A.Eソナタ」、「ピアノトリオ第1番」より
バッハ、パガニーニ:無伴奏ヴァイオリン曲より
クララ・シューマン:「4つの束の間の小品」より
その他
使用楽器 1877年製 グロトリアン・スタインヴェッグ[No.3306](劉生容記念館蔵)
1722年製 アントニオ・ストラディバリ「ヨアヒム=エルマン」(奇美博物館蔵)
入場料 S席 7,000円 A席 6,000円 B席 5,000円 (各消費税込)
チケット
    チケットぴあ 0570-02-9999(音声応答予約 無休)
    http://t.pia.jp/ Pコード:149-659(インターネット)

    イープラス
    http://eplus.jp (インターネット)

    紀尾井ホールチケットセンター 03-3237-0061 (10:00~18:00/日・祝休)
    http://www.kioi-hall.or.jp

    お問い合わせ
    ムジカキアラ 03-6431-8186 (平日10:00~18:00) info@musicachiara.com

主催 クララ・シューマン生誕200年コンサート実行委員会
共催 劉生容記念館・岡山
後援 奇美博物館 (Chimei Museum)
マネジメント ムジカキアラ

「レコード芸術」誌2019年4月号で特集に掲載されました

ルース・スレンチェンスカが、「レコード芸術」誌2019年4月号の特集「巨匠芸術の秘密――70人の超人たち」に選ばれました。

ルース・スレンチェンスカの本が出版されます

以下の通りルース・スレンチェンスカの本が出版されることになりましたので、ご案内いたします。

  • タイトル: ルース・スレンチェンスカ 九十四歳のピアニスト 一音で語りかける
  • 発行日: 2019年5月6日
  • 著 者: ルース・スレンチェンスカ
  • 発行所: 株式会社平凡社
  • 価 格: 1,200円+消費税

〒703-8266 岡山県岡山市中区湊836-3
FAX & TEL 086-276-8560

Liu Mifune Art Ensemble Activities