Latest News

2020年ルース・スレンチェンスカ来日公演決定!

速報!朗報!です。

10月の下旬に突然ルース・スレンチェンスカ先生から「来年のベートーヴェン生誕250年を私が演奏でお祝いしたいので、演奏会を用意するように!」とのメールが来ました。

「私が見つけたベートーヴェンの新しい美しさを皆さんと分ちあいたい。」
「ベートーヴェンのピアノ・ソナタ5曲を準備します。」
「それでも、もし私の演奏が前よりも良くなければ、舞台には上がりません。」
と、続けて書かれていました。

93歳のサントリーホール・リサイタル初め、すでに前人未踏のピラミッドをいくつも作り上げてなお、95歳にして努力を続けていこうと宣言なさったので、16年間先生の芸術の成長をサポートしてきた私としては、どんなことがあっても、ルース先生に誰も知らないベートーヴェンの音を記録に残して頂こうと、家族でチームを組んで諸準備を進めております。

下記のような演奏会スケジュールとなりましたので、ご案内申し上げます。

岡山シンフォニーホール 大ホール
4月11日(土)14:00開演 13:20開場

紀尾井ホール
4月16日(木)18:30開演 18:00開場

詳しい内容はどうぞ各演奏会のリーフレットをご覧下さい。

2019.12.24
三船文彰

「東京新聞」にてルース・スレンチェンスカの書籍が選ばれました

平凡社のルース・スレンチェンスカの書籍「94歳のピアニスト ルース・スレンチェンスカ 一音で語りかける」が東京新聞の「読む人」欄で、選者によって「今年の選ぶ3冊」の一冊に選ばれました。

「音楽の友」にてクララ・シューマンコンサートの記事が掲載されました

「音楽の友(2019年11月号)」にて、クララ・シューマン生誕200年バースデーコンサートに関連する記事が掲載されました。

クララ・シューマン 生誕200年バースデーコンサート関連情報

【Latest News】

【Blog】

出雲大社神楽殿奉納演奏のご報告

11月30日、出雲大社神楽殿奉納演奏を無事務めさせて頂きました。

前夜に大雨が降り、当日は雲一つない晴天となりました。天気があまりにも良く、景色がきれいだったので、写真を記念に送らせて頂きます。

イベントの様子は出雲大社のホームページでも紹介されていますので、合わせてご覧ください。

出雲観光にも行って来ました。

日御崎神社

コンサート

翌日の帰り道にも思いがけず、出雲の神様を祭る神社に参拝出来ました。

神魂(かもす)神社

大山にも立ち寄り、偶然にも大神山神社にも立ち寄りました。

今回はわずか2日間の間に、出雲の主要な神々に参拝出来ました。

出雲大社 – 大国主神
日御崎神社 – 天照大神とすさおのみこと
神魂(かもす)神社 – いざなみ、といざなき
大神山神社 – 大国主神

不思議で、ありがたい体験でした。

出雲の神々に包まれた幸せな時間でした。そして、千数百年続いた、日本人の祈りの心に触れる事が出来まして、本当に感動しました。

どのような状況に置かれても、心の底から祈り、それを善なる力に変える事が出来れば、平和な世の中になれるような気がしました。

三船文彰

岡山シンフォニーホールコンサート報告

11月6日、岡山シンフォニーホールで行われた岡山市立岡山後楽館中学校・高等学校創立20周年記念コンサートの様子をご報告させていただきます。

コンサート情報

岡山市立岡山後楽館中学校・高等学校創立20周年記念コンサート
・日期  11月6日(水) 14:00
・場所  岡山シンフォニーホール
・参加費 無料

公立学校では日本での最初の中高一貫教育校として注目を浴びた後楽館高校の第1期生として愚息元維が学びましたが、その自由なカリキュラムと校風のお陰で学業と並行してバレエにも専念できました。創立20周年に当たり、前教頭先生からぜひ記念式典の中でバレエを入れた演奏会を企画してほしいと、頼まれました。

そこで、日本を代表するヴァイオリニスト、久保陽子さんのヴァイオリンの名曲の演奏と三船元維とNBAバレエ団の実力あるバレリーナとのデュエットという豪華な内容をセッテイングしました。さらにヴァイオリンの名曲「タイスの瞑想曲」及びラフマニノフの「チェロ・ソナタの第3楽章」の演奏で踊るという滅多に舞台でも見かけない演目もあり、多彩なプログラムとなっております。(ラフマニノフでは初の親子共演となります。)

バレエ:三船元維 木村優花
チェロ:三船文彰
ピアノ:荒木 渉
演目 :ラフマニノフ チェロソナタ 第3楽章

バレエ  :三船元維 木村優花
バイオリン:久保陽子
ピアノ  :荒木渉
演目   :マスネ 「タイスの瞑想曲」

バイオリン:久保陽子
ピアノ:荒木 渉
演目:クライスラー、パガニーニ、サラサーテなど計8曲

バレエ:「ドン・キホーテ」第3幕「グラン・パ・ト・ドゥ」

終演後

クララ・シューマンコンサートの補足説明

群生の彼岸花もひとしきり咲き終わり、急に秋の気配がして参りましたが、台風19号の大直撃もあり、なかなか日本に天災の終息の兆しが見えませんが、皆様に置かれましては、ご健勝でお過ごしのことと存じます。

9月13日のクララ・シューマン生誕200年バースデー・コンサートは多くの方々のご尽力により無事終了しました。当日会場にお越し下さったり、また心を寄せて下さり、とてもうれしく、感謝致します。

楽器、演奏者、曲目、演奏場所、裏方、聴衆、天気まですべてが調和し、まさに一期一会の演奏会となりました。クララ・シューマンが空の上から操っているとしか考えられない、文字通り時空を超える演奏会となりました。クララ・シューマンはもちろん、ブラームス、ヨアヒム、メンデルスゾーン、ロベルト・シューマン、そしてクララの父親も喜んで下さったことと思います。

クララ・シューマン生誕200年記念バースデー・コンサートのいくつかの種あかしと補足説明をさせて頂きます。

1. プログラムの表紙の花は、お察しのように「ミルテの花」です。

苦難に満ちた人生を送ったクララ・シューマンにとって、心から一番幸せと感じた日は?と考えた時、結婚式の前夜しかないのではないかと、思い当たったのです。その夜、ロベルト・シューマンが花嫁へ送ったプレゼントがミルテの葉で包まれた歌曲集「ミルテの花」だったのです。(それをプログラムの裏面のミルテの葉に包まれたピアノで表現し、歌曲集の第1曲「きみに捧ぐ」をクララ・ワングに演奏して頂きました。)

そして、今回のこのアイデアが浮かんだことでミルテの花のことを調べたら、なんと30年前に我が家の庭に妻が植えた「銀梅花」がミルテの木だった事を知ったのです。

2. 当日久保陽子先生が演奏に使用した弓は、奇美博物館所蔵の最高の名弓「トルテ」です。(奇美博物館は歴史的な弦楽器の弓をも数百本収蔵)

弦楽器の名器だけではその音の良さを完璧に引き出せませんので、(しかし良い弓で弾くと、まあまあのバイオリンでもワンランク上の音が出るのです。その位弓が大事です。)館長にお願いして持参して頂きました。

バイオリンンが約12億、弓が7,000万円ほど。(一週間の保険金がすごい!)

しかし、楽器の値段もさることながら、このような輝かしい歴史を刻んだ、人類の宝の楽器の組み合わせによる演奏会が出来た事のほうが貴重ですね。

3. ピアノのこともお忘れなく!

この演奏会のために、3か月前から我が家を出て大阪の松本安生氏の工房で1か月以上さらに最高の状態に調整したのち、演奏会の一週間前に東京の温度湿度をベストに保った楽器保管庫に運び、13日の朝9時に会場に運び、終演後はまた保管庫へ、その後大阪まで運んで、やっと10月10日に劉生容記念館に帰還するという(梱包、荷解き、トラックに積むという作業を6回繰り返し)ピアノにとってクララ・シューマンの時代よりも大掛かりの旅行となってしまいましたが、多くの方々にこのピアノ本来の音を披露できて、クララ・シューマンもご満足の事と思います。

演奏会の最後に、私が「また100年後にお会いしましょう!」と客席に向かって叫びましたが、ぜひご期待下さい!その時、私の演奏は少しましになっているかもしれません。しかし、ピアノのことですから、また何が起こるのか。引き続きご注目下さい。

劉生容記念館関連行事のお知らせ

三船元維 NBAバレエ公演で主役を踊る

「海賊」

・日期  10月19日(土) 18:00開演
・場所  東京文化会館大ホール (オーケストラ伴奏!)

「くるみ割り人形」

・日期  12月21日(土) 18:00開演
・場所  新宿文化センター大ホール (オーケストラ伴奏!)

チケットはすぐに完売するので、当ホームページのお問い合わせからのお申し込みも可能です。

愚息元維が15歳にバレエを習い始め、17歳からボリショイ・バレエ学校、新国立劇場研修所、文化庁新進芸術家在外研修員としてN.YのAlvin Aileyで研鑽を続け、谷桃子バレエ団、新国立劇場バレエ団を経て、NBAバレエ団で主要役を任されて、5年以上になります。

現在36歳。バレエダンサーとして一番脂の乗った時期に差し掛かりました。男性ダンサーの真の技術と美しさを問われるパ・ド・ドゥには好評を得ているようで嬉しく思います。NBAバレエ団のダンサーも全員技量が高く、踊りは清々しく、喜びに満ちています。

バレエの超名作「海賊」と「くるみ割り人形」が、今回はオーケストラの伴奏付きでさらに豪華なこととなります。ぜひお勧めします。

岡山市立岡山後楽館中学校・高等学校
創立20周年記念コンサート

・日期  11月6日(水) 14:00
・場所  岡山シンフォニーホール
・参加費 無料

公立学校では日本での最初の中高一貫教育校として注目を浴びた後楽館高校の第1期生として愚息元維が学びましたが、その自由なカリキュラムと校風のお陰で学業と並行してバレエにも専念できました。創立20周年に当たり、前教頭先生からぜひ記念式典の中でバレエを入れた演奏会を企画してほしいと、頼まれました。

そこで、日本を代表するヴァイオリニスト、久保陽子さんのヴァイオリンの名曲の演奏と三船元維とNBAバレエ団の実力あるバレリーナとのデュエットという豪華な内容をセッテイングしました。さらにヴァイオリンの名曲「タイスの瞑想曲」及びラフマニノフの「チェロ・ソナタの第3楽章」の演奏で踊るという滅多に舞台でも見かけない演目もあり、多彩なプログラムとなっております。(ラフマニノフでは初の親子共演となります。)

「三船の友人」と、受付でおしゃって頂ければ、お入り頂けますので、(無料)どうぞご遠慮なくいらしてください。

岡山県演奏家協会
「ショパン没後170年記念コンサート」

・日期  11月4日(月・振休)15:30開演
・場所  岡山市民文化ホール

ショパンの生涯を辿る演奏会。協会員ではない私がショパンの最後の作品とも言える「チェロ・ソナタ」の演奏を頼まれました。恐らく近年弘中孝先生とこのソナタを数多く取り組んでいることが伝わってのことかと思いますが。

ショパンが亡くなる2週間前に親友のフランショームと家で弾いたのが、このソナタの第3楽章でした。ショパンがピアノ以外の楽器で曲を書いたのはチェロだけのみならず、このチェロ・ソナタはショパンの創作の集大成となる横綱級の大作で、一番の天才がショパンと思っているチェロ弾きの私にとって、冥利に尽きる曲です。

大嘗祭奉祝記念コンサートin出雲大社

・日期    11月30日(土)  18:00
・場所    出雲大社 神楽殿
・奉祝協賛金 3,900円(当日)

いろんなご縁の繋がりから大嘗祭奉祝記念行事に携わることになり、私ごときの者が、と恐縮しております。心して務めさせて頂きたいと思っております。

私はチェロ独奏の他に、シリアの武装勢力の拘束から帰還された 安田純平氏との対談や珍しい三昧琴との共演でカザルスの「鳥の歌」や宮澤賢治の「星めぐりの歌」をも演奏する予定です。宇宙的な音を奏でる三昧琴とチェロの組み合わせは恐らく世界初のこととなります。新帝陛下の御即位をご一緒にお祝いを捧げる事ができればとてもうれしいです。

2019年10月
Liu Mifune Art Ensemble Records 三船文彰

クララ・シューマンコンサートを終えて

9月13日の東京紀尾井ホールにおけるクララ・シューマン生誕200年バースデー・コンサートが無事終了しました。

劉生容記念館所蔵のクララ・シューマン使用1877年製グロトリアン・スタインヴェックと奇美博物館所蔵のヨアヒムの愛器、1722年製ストラディバリ「ヨアヒム=エルマン」が時空を越えた出会いを果たしました。

楽器、演奏者、曲目、演奏会の意義、会場、裏方、聴衆、天気、全てにおいてパーフェクトに近い演奏会となりました。

ストラディバリの中でも、その作りと辿った歴史において、抜きん出た存在の「ヨアヒム=エルマン」と3回目再会を果たした久保陽子さんは「全く欠点が見当たらない、完璧なヴァイオリン」と、感嘆しきりでした。

今回の会に出会えなかった方は100年後にはお見逃しなく!

リハーサル中のワンシーンをご紹介。

「ヨアヒム=エルマン」を手にため息をつく久保陽子さん。

実は当日のバイオリンの弓も奇美博物館から、同館所蔵のトルテという名弓を持参してもらい、錦上に花を添えていただきました。

因みに、今回のプログラムの表紙に使用した花は「ミルテの花」です。

結婚式の前夜にシューマンがクララに贈ったミルテの葉にくるまれた歌曲集のタイトルが「ミルテの花」。その中の第1曲「君に捧ぐ(献呈)」をもちろん演奏しました。

更に、今回の事で、はじめて20年前から劉生容記念館の庭に植えてあった「銀梅花」がミルテの木であることを知りました。ご縁を感じます。

「山陽新聞」にてクララ・シューマンコンサートの記事が掲載されました

「山陽新聞(2019年8月28日朝刊)」にて、クララ・シューマン生誕200年バースデーコンサートに関連する記事が掲載されました。

「レコード芸術8月号」にてルース・スレンチェンスカの書籍が紹介されました

「レコード芸術8月号」の「注目の音楽書」にて、ルース・スレンチェンスカの本「のこす言葉 ルース・スレンチェンスカ 九十四歳のピアニスト 一音で語りかける」が紹介されました。

〒703-8266 岡山県岡山市中区湊836-3
FAX & TEL 086-276-8560

Liu Mifune Art Ensemble Activities