29枚のCD

30代のデッカのアメリカの10枚と、78歳から93歳のLiuMAERの日本の19枚と合わせて、ルース・スレンチェンスカの最高の演奏を記録した29枚のCDが日本だけで入手出来る事となりました。

デッカのこの10枚だけでも、スター・ピアニストとして歴史に残る内容でしたが、80歳からの演奏と聞き比べる事で、ピアニストの真の進化とはどんなものか、どれ程凄まじいもの、どれ程大変な事かが分かります。

私が出版したCD、LiuMAER(Liu Mifune Art Ensemble Records)の出来る過程について、改めて説明致します。

19枚のほとんどは、ルース・スレンチェンスカの78歳から93歳までの岡山でのライブ録音。

まず、お聴き頂きたいのが、ピアノの音。

「私の友だち」とルース先生が呼ぶ、私の所(「劉生容記念館」)の1926年製のスタインウェイの音、そして、録音の違いをデッカのものと是非聞き比べて頂ければ嬉しいです。

1920年代の黄金期の、しかも、良く調整したフルコンのスタインウェイ・ピアノが、最高のピアニストが鳴らしたら、こういう音がするのだ、ということが分かります。

そして、録音は、毎回日本の最高の調律師と録音エンジニアたちが、他の仕事を断ってまで、岡山で一週間缶詰して、私の所でルース先生の創造を記録したのです。

皆さんが「これ程の巨匠の仕事をさせて頂いて、冥利につきます」と、ルース先生の演奏を最高の状態に残そうと、10数年やって下さいました。

どんな大手のレーベルでも一枚のCDを作るのに、ここまでの事は出来ないと断言出来ます。

チーム全員が10数年変わらず、ルース先生に最大の敬意を払い、岡山での19枚のCDが出来たのです。

しかも、どの組の解説書も20数ページ、オールカラー、というのは、クラシックのCDではまずお目にかかる事はないでしょう。

2003年の最初の出会いから、ルース・スレンチェンスカの演奏は人類の歴史に残るものだと思い、ルース先生の芸術に恥ずかしくないよう、これ以上出来ない、という所まで追及してCDを作らせて頂いたのです。

頂点を極めて90年。ルース・スレンチェンスカの一音一音琢磨し尽くしたピアノの音は、全ての人々の心身に益する事を確信しております。

そして、1月15日に96歳となり、人類のトップランナーとなったルース・スレンチェンスカのますますの進化にご注目下さい。

三船文彰

〒703-8266 岡山県岡山市中区湊836-3
FAX & TEL 086-276-8560
劉生容記念館の活動

Liu Mifune Art Ensemble Activities

  • 山陽新聞賞の贈呈式に参加いたしました
    山陽新聞賞の贈呈式に参加いたしました
    2021年1月14日(木)、第79回山陽新聞賞の贈呈式が、岡山市北区駅元町のホテルグランヴィア岡山で行われ、当サイト主宰の三船文彰が出席いたしましたので、お知らせいたします。 関連情報を記載いたします......
  • 2020年12月紀尾井ホールコンサート報告
    2020年12月紀尾井ホールコンサート報告
    2020年12月12日(土)、東京紀尾井ホールにて、当サイトの主宰、三船文彰が名ピアニスト弘中 孝とチェロ・リサイタルを行いました。 「ロマンチシズムの極致 二大チェロソナタ リサイタル ーー ショパ......
  • 倉敷由加温泉ホテル 山桃花 「瑜伽音楽堂」をオープン
    倉敷由加温泉ホテル 山桃花 「瑜伽音楽堂」をオープン
    2020年11月19日、岡山児島の地、1200年の古刹由加山蓮台寺のそばの温泉ホテル「山桃花」にて、1923年製の素晴らしいスタインウェイ・ピアノのための音楽堂「瑜伽音楽堂」の開幕記念&オー......