クララ・シューマンに捧ぐ
〜時空を超えた邂逅〜

Dedicated to Clara Schumann
~an encounter across time and space~
    2008年 夏  三船文彰
Summer, 2008  Bunsho Mifune

  このCDは元々「ルース・スレンチェンスカの芸術X」二枚組の中の一枚として製作したものだが、紆余曲折を経て(詳しい経緯は別文をご参照願いたい)、他の一枚はブラームス作品集として次回のYの二枚組に組み込むこととなったことで、シリーズの計画としては異例の一枚だけの出版となった。
  78歳のルース・スレンチェンスカの2003年4月の初来日の驚異的な演奏を録音に残せなかったくやしさが、彼女に再来日をしていただく原動力となり、その結果2003年11月、2004年7月、そして2005年1月の80歳記念を兼ねてのラスト・コンサートの計三回の来日公演のライヴ・レコーデイングが「ルース・スレンチェンスカの芸術T〜W」4組8枚のCDとして結実した。
  その内容はピアノ演奏史に大きな足跡を残すものだと私は安堵満足していたが、公開演奏に終止符を打ったものの、その後も日々精進、さらに進化を遂げつつあるスレンチェンスカにもっと録音─できればブラームスのワルツ集と後期のピアノの作品─を残してもらいたいという大きい希望を私は持ち続けていた。   その中で別文で詳述したように、2006年に思わぬ奇跡的な展開が持ち上がり、クララ・シューマンが使用した1877年製のグロトリアン・スタインヴェッグのフルコンサートのピアノを私が所有することとなり、そして限りなくその当時の状態に修復することができたことで、ブラームス、ロベルト・シューマン、そしてクララ・シューマンの音楽をこの3人の偉大な音楽家と関係の深いクララ・シューマンのピアノでルース・スレンチェンスカが演奏するという信じられない運びとなった。
  ルース・スレンチェンスカの演奏を聴いて気がつくことだが、どんなピアノを弾いてもそのピアノの最大限の能力を根気よく引き出し、この音はこうであるべきだと納得させる味わいのある音を彼女は紡ぎ出す。それは3歳から公開演奏を始め、45歳までには世界で3,000回以上のコンサートをし、数えきれない数のピアノを弾いてきただけではなく、自分が納得する音を見つけるために、40歳代に商業的な演奏を中止してからも一日8時間の練習を欠かさず、音の一つずつを彼女が磨いてきたからだ。
  結婚生活は別として、生い立ち、父親との確執、神童としての光と影、ピアニスト、そして教育者としての輝かしいキャリアなどは、むしろルース・スレンチェンスカのほうがクララ・シューマンよりもドラマチックなくらいだが、この二人の偉大な女性ピアニストは多くの面でよく似ている。
  その上、一番大事なのは、作曲家の意図を最大限に尊重し、男性ピアニストをも凌ぐヴィルトウオーソでありながら、虚飾華美な演奏に価値を認めず、一音一音の響きに意味を見出そうという、音楽やピアノの弾き方についての考え方が二人に共通しているということだ。
  もちろん、クララ・シューマンの演奏は録音が残っていないので、文献から推測するよりしかたがないが、ピアニストとしてのキャパシティーは私はルース・スレンチェンスカのほうが上ではないかと憶測している。
  一つには、ルース・スレンチェンスカは楽器としてのピアノの進化ともども、クララ・シューマンが知る由もなかった20世紀の作曲家の作品を熟知し、メカニックとしてのピアノの可能性をより知っていること。クララ・シューマンが夫に早くから先立たれ、7人の幼い子供(あとからさらに6人の孫!)をあの時代で女の腕一つで養わなくてはいけなかったのに比べ、ルース・スレンチェンスカは43歳で理想的なパートナーと結婚、子供がなく全人生を通してピアノに打ち込めたこと。そして、何といっても病気の多いクララ・シューマン(特に50歳代からひどいリューマチになり、ほとんど満足に演奏できなかったようだ)と違って、ルース・スレンチェンスカは健康に恵まれ、83歳の現在まで白内障以外、指の故障も一度もなく、80年間ほぼ毎日8時間の練習を続けてこられたことだ。
  このCDには、ルース・スレンチェンスカがクララ・シューマンへのオマージュとして、ブラームス、ロベルト・シューマンの作品、そして録音がほとんどなされていないクララ・シューマン自作の「ラルゲット」、クララがよく弾いていたウェーバーの「ロンド」、そしてリストがシューマンの歌曲から編曲した「きみにささぐ」が収められている。このありそうで、しかしこれまでどのピアニスト(ルース・スレンチェンスカ自身も含めて)も思いつかなかったプログラムは、クララ・シューマンのピアノの存在抜きには考えらないことだった。このピアノがブラームス、クララとロベルト・シューマンの魂を引寄せた結果、これらの曲が自然に湧き上がってきた、と思えるほどの選曲だからだ。
  しかも図らずもどの曲も運命的な糸で結ばれ、波乱万丈な人生をおくったこの三人の音楽家のそれぞれの一番幸せな時代のピュアな心情を吐露したものとなっている。---あたかも悲劇と苦難の一生を送ったクララの心を慰めるためかのように。しかしこの録音の貴重さは、130年ぶりにクララ・シューマンが弾いた当時に近い状態に蘇ったこのピアノの音が最善の演奏者を得て、これらの曲がさらに感慨深く聴こえてくるに止まらず、楽器としての興味を超えて、それこそブラームスでさえも知らなかったブラームスの音楽をルース・スレンチェンスカが創造し(どの作曲家の作品にも彼女がそうしたように)、我々に残してくれたことだと、私は思う。


 
  This CD was originally supposed to be one of the 2-CD set of "The Art of Ruth Slenczynska V." However, due to some reasons (see the following article for further details), the other CD with Brahms' works will be combined into the following 2-CD set of "The Art of Ruth Slenczynska VI." Thus this time there is only one CD contained, making this release somehow unique in this series.
  In April 2003, Slenczynska, aged 78, gave her first piano recital in Japan, but there was no recording left for that brilliant live performance. The repentance inside my heart became the impetus to invite her to Japan again, and she came to Japan in November 2003, July 2004 and January 2005 (which was also her last recital celebrating her 80th birthday). These performances were recorded in "The Art of Slenczynska I~IV," containing a total of 8 CDs.
  I believed and was satisfied with the fact that these recordings had left significant footprints in the history of piano performance. However, there still remained a wish in my heart, which is to invite Slenczynska, who still kept on improving her skills after stopping public performance, to record Brahms' waltz and later piano works.
  As I wrote in the following article, a miracle happened in 2006: Clara Schumann's piano――a Grotrian Steinweg made in 1877――came into my possession, and was repaired as close to the original state as possible. This led to the incredible result that I was able to invite Slentzynska to play Brahms, Robert and Clara Schumann's works with this piano of Clara Schumann, who had strong links with the other two composers.
  When I listened to Slenczynska's performance, I noticed one thing: whatever piano she played, she could draw out the best out of the instrument and made the audience believe in every note she played. This was not only because she had made her debut since she was three years old and given more than 3,000 recitals before the age of forty-five, playing as many pianos as one could imagine, but also because she had kept practicing 8 hours a day even after withdrawing from commercial performance at her forties and kept improving every note she plays.
  Apart from the marital life, Slenczynska's childhood, her feud with her father, the glory and shadow of being a child prodigy and the successful career as a teacher…etc, made her life even more dramatic than Clara Schumann's. However, the two great female pianists actually have a lot in common.
   The most important of all is that, although as virtuoso pianists they surpassed even male pianists, the two of them both took the highest respect towards the composers' original ideas and despised the vain show-off of techniques, trying to find the deepest thoughts in every note they play.
  Of course, Clara Schumann didn't leave any recording of her playing, so we can only speculate from the related literature, but in my assumption, Slenczynska's capacity as a pianist is probably higher than Schumann's.
  One reason is that Slenczynska has the knowledge of the instrumental evolution of piano as well as the 20th century composers whom Clara Schumann would never have known, so she knows better about the mechanism of piano and its potentiality. The second reason is that Clara Schumann lost her husband early in her life and had to raise 7 children (later plus 6 grandchildren!) on her own, while Slenczynska met her ideal partner at forty-three and has no child, so she could dedicate herself entirely to music. Finally, while Clara Schumann suffered from illness (and after being troubled by rheumatism at her fifties, she could hardly give any satisfactory performance), Slenczynska is blessed with good health even at the age of eighty-three now (apart from having cataract) and she has never had any problem with her fingers, so that she can practice 8 hours a day almost every day throughout the past eighty years.
  In this CD dedicated to Clara Schumann, Slenczynska chose the works by Brahms and Robert Schumann, as well as Clara Schumann's rarely performed "Larghetto," Weber's "Rondo," which Clara Schumann often played, and Schumann's "Widmung" arranged by Liszt. This program was quite probable yet never imagined before by any pianists―including Slenczynska herself―without the existence of Clara Schumann's piano. It was as if this piano had drawn Brahms, Clara and Robert Schumann's souls together to bring out this program.
  By accident, these works were all written in the happiest periods of lives of the three musicians, who had been tied together with the threads of Fate and led troublesome lives―as if to console Clara Schumann's soul.
  However, in my opinion, the importance of this recording not only lies in the fact that the piano was repaired to nearly the same state as Clara Schumann played it 130 years ago and got the best player to enhance the significance of these works, but also in the fact that Slenczynska has created a new interpretation of Brahms' work that even Brahms himself would never have imagined (as she did to all the other composers) and left this remarkable album for us.
translator  Kiyoko Kruzliak

[戻る]


Copyright (C) 2005 Liu Mifune Art Ensemble.All Rights Reserved.