古典派からロマン派さらに近・現代に至る、
偉大な伝統を受け継ぐ最後の巨匠

English
山角浩之
(出版社編集主幹、批評家)

2004年7月、一組のCDがクラシック界に大きな衝撃をもたらした。至高のピアニスト、ルース・スレンチェンスカ日本初のライブ・レコーディングである。しかもそのCDが、質量共に世界の音楽情報の発信地を誇る東京からでなく、岡山のプライヴェート・レーベル「Liu MAER」からリリースされたことは、二重の驚きであった。

ルース・スレンチェンスカの演奏が初めてスピーカーから流れてきたとき、その響きと人格とが綯い交ぜになった演奏の気高さに、思わず心が震えた。そして、ショパンのプレリュード(前作のCD-2)に、ラフマーニノフのタッチを見る思いがしたものである。筆者自身、ラフマーニノフの自作自演によるベストアルバムをコンピレーションしたことがあるだけに、"おやっ"と思った。しかし、ラフマーニノフのようなロシア人特有の泥臭さは無い。むしろ、ショパンのスコアに織り込まれている石灰質の淡い土の匂いがするとともに、洗練された演奏に心が和んだ。

ペートーヴェンの演奏(前作のCD-1)に至っては、構築感のある気品に溢れた古典派の解釈で、かつ飾り気の無い毅然とした演奏は、ライプツィヒの偉大なピアノ奏法を彷彿とさせ驚いたものである。

ルース・スレンチェンスカ女史は1925年生まれで、ラフマーニノフ、コルトー、シュナーベル、ホフマン、バックハウスなどの大巨匠に学び、ホロヴィッツと永年にわたり親交があったというではないか。それで合点がいった。今や伝説となるほど偉大なベートーヴェン弾きとして仰ぎ見られ、ライプツィヒのピアノ奏法の偉大な伝統を受け継ぐ最後の巨匠、バックハウスに学び、そのエッセンスを見事に消化しきったスレンチェンスカ女史ならではの演奏であったわけである。

スレンチェンスカ女史は最初、レシェティツキーの弟子であるケネディに師事していたという。レシェティツキーはリストと同様、チェルニーに師事し、アントーン・ルビンシテーインと並ぶ19世紀を代表するピアノ教師である。スレンチェンスカ女史が後に師事することになるアルトゥル・シュナーベルもレシェティツキーの最愛の弟子である。筆者はレシェティツキーがのこした僅か2曲の演奏記録を復刻したが、その特徴は、絹糸のように細く強靭でどこまでも染み通る艶のあるピアニッシモである。スレンチェンスカ女史の独特の質感を持つ音色や、ピアニッシモに見られる無限に続くような濃淡は、レシェティツキーの優れた弟子であったパデレフスキーやエリー・ナイ、モイセーイヴィチなどを凌ぐほどの系統を受け継いでいる。

筆者は今日まで、音楽事典の刊行や、昔の巨匠達の演奏を記録したピアノ・ロールや演奏録音の復刻および解説等、多くの出版や評論活動に携わってきた。その際、非常に興味深いことであるが、一昔前の音楽家は作曲家自身を含め、ほとんど楽譜どおりには演奏していないということである。

ルース・スレンチェンスカ女史の演奏は、楽譜の表面的な記述にとらわれていない。しかし、どの曲のどこのフレーズにも唯我独尊的な解釈はない。作曲家の意図と作品が生まれるまでのプロセスを慎重に推し量り、その一つ一つを伝え表現すべく細心の注意を払っていることがわかる。このことは、古典派からロマン派、そして近・現代に至る正統な音楽家の伝統を受け継ぐ稀有なピアニストであることを証明している。

スレンチェンスカ女史の、曲の解釈に取り組む妥協の無い姿勢は、7歳の時から7年間にわたり師事していた、アルフレッド・ドゥニ・コルトーの薫陶によるものが大きいであろう。当時のコルトーは、カザルス等の協力で自ら設立したエコール・ノルマルにおいて、今や伝説的ともなっている音楽解釈の講義に邁進していた時期である。ショパンの最後の弟子、エミール・ドゥコンブに師事していたコルトーであったが、ショパンだけでなくシューマンの解釈の鋭さは少女時代に培われたものである。

さらに彼女自身が最も影響を受けたのはラフマーニノフからだと言う。ラフマーニノフは演奏技巧と創作力を併せ持ち、ロマン派時代からの偉大な伝統を受け継いだ最後の巨匠である。彼のピアニズムは、近代ピアノの性能を存分に生かし、濃密でスケールが大きい。そのため、柔軟さと強靭さを兼ね備えた手首と腕が要求される。また、旋律の大家であったラフマーニノフの作品を演奏するには、息の長い旋律を歌い上げるピアニズムも要求される。彼女の限りなく深く大きなフレーズと威厳のあるフレージング、一音一音の揺るがぬ美しさと生き生きとして大胆なリズム。ラフマーニノフを彷彿とさせずにはおかない。

筆者の手元には、4つの異なる時期、1988年、2003年4月、2003年11月(前作)、2004年7月(今回のCD)に演奏されたスレンチェンスカ女史の録音がある。1988年の演奏は一流のピアニストによる普通の演奏でしかない。この十数年の間に何があったのだろう。驚異的な進化である。陰影感を秘めた演奏は驚異的な厚みを増している。さらに2003年4月以降の演奏も紛れも無く進化し続けている。スレンチェンスカ女史は現在79歳である。やがて80歳に手が届こうとするピアニストで、このように進化し続けた例がかつてあっただろうか。今回収録のモーツァルトを聴くと、さらに新たな心境に達したようである。

演奏に使用されているのは、三船文彰氏のギャラリー(劉生容記念館)に置いてある1926年製のスタインウェイであるが、回を重ねる毎にピアノの響きが心地よく深みを増している。正に、ピアノとの対話が深まっているとしか言いようがない。「音楽家にとっての最後の教師は楽器である」とはよく言われることであるが、スレンチェンスカ女史にとって、このスタインウェイとの出会いは、良き教師を得た思いであったのではなかろうか。

リストやブゾーニと並ぶロマン派の3大ピアニストの一人ホフマンや、ホロヴィッツ等多くの巨匠に師事、兄事し、彼等のエッセンスを消化するだけでなく、今や彼等を凌ぐほどの偉大な芸術を築き上げた正統的ピアニストの最後の生証人、ルース・スレンチェンスカ。

彼女の芸術を世に問うとともに、後世に残すべく尽力された三船文彰氏の快挙に喝采を贈る。

[戻る]

The music maestro who links the classic to romanticism, and inherits the modern faction's tradition
Editor-in-chief, critic Yamasumi Hiroyuki

The greatest impact to classical music came in the form of a set of CDs released in July 2004. It was the premier live recording in Japan of the pianist Ruth Slenczynska.What is astonishing is that the CD was not published from Tokyo,the music broadcast center whose quality showed disdain for the world, but a private recording studio(museum),Liu MAER,located in Okayama Japan,published and distributed it. For music devotees who were grieved and poisoned by the stereotyping and commercialization of modern music industry, there is nothing more exhilarating than the CD release.

When Ruth Slenczynska's performance initially discharged through the speakers, the color and the personality interwine the superb performance,subliminaly touched the audience's hearts. Chopin's prelude(previously released Vol.1 CD-2) lets the person see the resurfacing of Rachmaninoff's style. Because the author revised Rachmaninoff's anthology, her performance even amaze the author. But her playing does not drag like Rachmaninoff, She plays Chopin with such, hefty yet nimble like sophistication, that has quelled audience's hearts with her exquisite performance.

In Beethoven's(CD-1)performance, it inherited the classical complete structure and elegant interpretation, in addition to the non-flashy nor imposing style unbelievably bring people back to Leipzig's musical world.

Slenczynska was born in 1925, studied under maestros such as Rachmaninoff,Cortot, Schnaber, Hofmann, Backhaus, etc.,and became long-time friends with Horowitz. That's why her ability is so special. She studied under Backhaus,disciple of D'Albert − a timeless piano maestro. Backhaus inherited Leipzig's great traditional branch − Beethoven style of performing. When the essence of admirable music maestro was absorbed, you end up with Slenczynska's unique performance.

It is said that Slenczynska first studied under Leschetizky's favorite disciple Kennedy.Leschetizky and Lizst were both understudies of Beethoven's student − Czerny,and Leschetizky became the representatives of 19th century piano teacher along with Anton Rubinstein.Slenczynska's next mentor − Schnaber is also one of Leschetizky's favorite disciples. The author had restored Leschetizky's two surviving performances.Its characterist lines in p.p. which presents a thread − like thinness and strength, colored like transparent glass Slenczynska's unique sense in tone, or the infinitely expanding performance within soft playing interited Leschetizky's essence and contains the strength to surpass Leschetizky's prote´ge´s − Paderewski, Elly Ney and Moiseiwitsch.

The author has participated in the release of new Japan version of the Grove Music Encyclopedia since 1978, has recognized well-known musician's performance records such as Saint-Saens, Prokofiev,Mahler even Joachim and Sarasate, and reprints the performance recordings and illustrations, multiple publisher and commentary events. The author discovers a thought-provoking phenomenon. The musicians of old, including composer themselves, all have the habit of not playing note by note from the printed music.

Slenczynska's performance is not limited by what is written in the music. But regardless of the piece or the segment a dogmatic interpretation will never apper in her playing. The listeners can discover that she prudently deliberates the composer's thought and how the pieces came to be. Careful attention is given in presenting them to her audience. This act further proves that she is a rare pianist that inherited classics and romantics, even the traditions from the near and modern age musicians.

Slenczynska's attitude towords music annotation must have been established from the age of seven until fourteen by her mentor − Cortot. Round 1932 to 1939 is when Cortot in 1919 with the assistance from Casals and friends,founded Ecole Normale de Musique in Paris, left what is still know as the legendary music courses in interpretation. Cortot was unsurpassed in his annotations on Schumann. Cortot also received positive reviews from his annotations on Chopin, this is because he used to study under Chopin's last student Emile Decombes. Slenczynska's ability to discern the background of the piece and her sensitivity at adding annotations, are all cultivated during her teenage years.It is said that Slenczynska's style of playing is heavily influenced by Rachmaninoff. Rachmaninoff possessed exceptional playing skills and abundant creativity. He is the last maestro to carry on the great tradition of romanticism. His meticulous piano playing was further accentuated by the capabilities of the modern piano. Therefore, when play his works, it is imperative for the performer to possess flexible and stable wrists and technique. When playin Rachmaninoff's works, it is essentially that one is capable to calmly sing the melody in the ever-expanding sections and the dignifying movements all came from Rachmaninoff.

The auther owns Slenczynska's CDs made in four different times: 1988, April 2004, November 2003(Vol.Ⅰ), and July 2004(Vol.Ⅱ&Ⅲ). 1988's performance is only on par with the average master. But we do not know what drives her great transformation for over ten years. Her performace after 2003 is undoubtedly still evolving. She is currently seventy-nine years old. How many musicians in the world can still say they are transformation after the age of eighty?

The piano used dering performance is Steinway made in 1926. It is kept in the Liu Sei Yo Memorial Hall(Liu Mifune Art Ensemble). The tone moves the heart further after each time the piano has been played. This similar to have a conversation with the piano itself.

People often said: To a musician the best mentor is the instrument itself.To Slenczynska, the meeting with this Steinway must have given her a similar feeling. Slenczynska studied under Josef Hofmann, whom like Liszt and Busoni are of the three great romantic pianists. She not only merged the essence of the mentors but also constructed a great work that surpassed them as witness to the last romantic pianists.

We wish to give Bunsho Mifune our utmost respect for his magnificient achievement in preserving Slenczynska's works for future generation.


translator  Kiyoko Kruzliak

[Back]


Copyright (C) 2005 Liu Mifune Art Ensemble.All Rights Reserved.